人工知能マネージャー研修

研修概要

2010年以降、人工知能・データアナリティクス・デジタルトランスフォーメーションといったバズワードとともに、データのビジネス活用は急速に進んでいます。
一方で、実際にビジネス活用を進め行く中で、明らかになってきたことも多くあります。その一つが、「Pythonのプログラムだけあっても、ビジネス課題は解決しない」という事実ではないでしょうか。

例えば、このような事態に遭遇したことはありませんか?
・そもそも「人工知能でできること」がよくわからない
・ 自分の解決したい課題を人工知能がどう解決するのかわからない
・ソースコードだけ納品され、現場が上手く活用できない
・外部にデータを出すのは漠然とした不安があって着手できない
・ 「専門家」 の言葉がわからず、謎のツールだけが残った

これらは多くの場合、ユーザー側のノウハウ不足に起因するものです。したがって、いくらITベンダーにお金を支払ってもこの問題は解決できません。ITベンダーからしてみたら「私たちは目的に応じた解決ツールを提供することが仕事なので、貴方の"もやもや"は知りません。目的が決まったら来てください」という問題なのです。付き合いの良いITベンダーなら、それでもPoC(実証実験)につきあってくれるかもしれませんが、依頼主側が自分のwill(意思)さえあやふやな状態では、ほとんどのケースで「失敗」することが多いように思います。

ユーザー企業は、「プログラミング」は外注できても、「ビジネス課題の解決」は外注できないことを学ばなければなりません。プログラマやデータサイエンティストを自社で抱える必要はありませんが、「技術(プログラミング・データマイニング)のわかるマネージャー」は自社で抱える必要があります。インハウスのAIチームなくして、結局はプロジェクトはうまくいかないのです。

一方でITベンダーもまた、多くの企業がビジネス課題の解決を期待する中で、ツール提供者に落ち着いているのは問題があります。実際これでは、"言われるがまま作るだけ"ゆえのデスマーチやPoC貧乏の問題は永久に解決しません。度重なる仕様変更に愚痴だけが増え、根気よく付き合ったわりに依頼主の満足度は低いでしょう。

これでは誰もが不幸になってしまいます。この本質的な問題は、ビジネスと技術をつなぐマネージャーの不在があります。所属がユーザー企業であれITベンダーであれ、正しいプログラミングとデータサイエンスの知識に裏打ちされた、具体的なビジネス課題解決のアイデアを提供できるマネージャーが、我が国では圧倒的に不足していると言わざるをえません。

本研修は下記のような企業様にお勧めいたします

  • 今後も継続的に人工知能 / データ活用を推進する予定の企業様
  • 実装は外部ベンダーに任せるとしても、目的や課題設定は社内で議論できるようにしたいと考えている企業様
  • 若手を中心に、データアナリティクスの素養を社員につけさせたいと考えている企業様
  • AI人材を採用したいが、マーケットからの採用に難しさを感じている企業様
  • かつて、自社とベンダーの理解度の違いからプロジェクトが失敗した経験がある企業様

ぜひ当協会を活用して人工知能プロジェクトをマネジメントできる人材を育て、データ分析を「自分たちのもの」としてください。

研修のお申込み・お問い合わせはこちらから

PAGE TOP