TRAINING 教育・研修講座

人工知能プロジェクトマネージャー研修

新たな技術が登場したときは、常にそれを扱う人材育成が課題になります。

技術×ビジネスをテーマとしたいくつかの法人様向け研修をご用意しております。

近年、急速に利活用の進む人工知能分野において、そのプロジェクトを推進できる人材育成は企業にとって急務となっています。

純粋な「プログラムの記述」であれば、外注することもできますし、Python/Rといったコードを読み書きできる人間も増えておりますが、最も重要な、「エンジニアをマネージし、ビジネス的インパクトを残せる人工知能を企画・設計・製作指示できる人材」は、変わらず不足し続けています。

また、上記のような人材は外注に頼るのではなく、自社内で育成し、ビジネス的に中核となってもらうべき人材です。本講座は、そのような最も外注が難しく、各企業様にとって社内育成をはかるべき「人工知能プロジェクトマネージャー」を要請する講座です。

2日間のスケジュールで、座学及びハンズオンでの人工知能を動かす研修を行い、その後、自学自習をへて、最終的に当協会の推進する「人工知能プロジェクトマネージャー資格」に合格することを目指すコースです。

2010年以降、人工知能・データアナリティクス・デジタルトランスフォーメーションといったバズワードとともに、データのビジネス活用は急速に進んでいます。一方で、実際にビジネス活用を進め行く中で、明らかになってきたことも多くあります。その一つが、「Pythonのプログラムだけあっても、ビジネス課題は解決しない」という事実ではないでしょうか。

例えば、このような事態に遭遇したことはありませんか?
  • そもそも「人工知能でできること」がよくわからない

  • 自分の解決したい課題を人工知能がどう解決するのかわからない

  • ソースコードだけ納品され、現場が上手く活用できない

  • 外部にデータを出すのは漠然とした不安があって着手できない

  • 「専門家」 の言葉がわからず、謎のツールだけが残った

これらは多くの場合、ユーザー側のノウハウ不足に起因するものです。

 

いくらITベンダーにお金を支払ってもこの問題は解決できません。ITベンダーからしてみたら「私たちは目的に応じた解決ツールを提供することが仕事なので、貴方の”もやもや”は知りません。目的が決まったら来てください」という問題なのです。

付き合いの良いITベンダーなら、それでもPoC(実証実験)につきあってくれるかもしれませんが、依頼主側が自分のwill(意思)さえあやふやな状態では、ほとんどのケースで「失敗」することが多いように思います。

ユーザー企業は、「プログラミング」は外注できても、「ビジネス課題の解決」は外注できないことを学ばなければなりません。

プログラマやデータサイエンティストを自社で抱える必要はありませんが、「技術(プログラミング・データマイニング)のわかるマネージャー」は自社で抱える必要があります。インハウスのAIチームなくして、結局はプロジェクトはうまくいかないのです。

一方でITベンダーもまた、多くの企業がビジネス課題の解決を期待する中で、ツール提供者に落ち着いているのは問題があります。
実際これでは、”言われるがまま作るだけ”ゆえのデスマーチやPoC貧乏の問題は永久に解決しません。度重なる仕様変更に愚痴だけが増え、根気よく付き合ったわりに依頼主の満足度は低いでしょう。これでは誰もが不幸になってしまいます。

この本質的な問題は、ビジネスと技術をつなぐマネージャーの不在があります。
所属がユーザー企業であれITベンダーであれ、正しいプログラミングとデータサイエンスの知識に裏打ちされた、具体的なビジネス課題解決のアイデアを提供できるマネージャーが、我が国では圧倒的に不足していると言わざるをえません。


本研修は下記のような企業様にお勧めいたします

ぜひ当協会を活用して人工知能プロジェクトをマネジメントできる人材を育て、データ分析を「自分たちのもの」としてください。

今後も継続的に人工知能 / データ活用を推進する予定の企業様
実装は外部ベンダーに任せるとしても、目的や課題設定は社内で議論できるようにしたいと考えている企業様
若手を中心に、データアナリティクスの素養を社員につけさせたいと考えている企業様
AI人材を採用したいが、マーケットからの採用に難しさを感じている企業様
かつて、自社とベンダーの理解度の違いからプロジェクトが失敗した経験がある企業様
お申し込み・お問い合わせ

研修のお申込み・お問い合わせはこちらからご連絡ください。


利用者の声

一般社団法人 新技術応用推進基盤では、AI活用の為のスキルアップ研修を提供しています。講義+ケーススタディを1セットとして、リテラシー教育から専門者教育まで実施しています。今回は、主として技術者の方が「AIのビジネス化」に必要な考え方やマネジメントを学ぶ「人工知能プロジェクトの企画・目標設定とマネジメント手法」をご受講いただいた、HEROZ株式会社様にお話を伺いました。

お話し頂いたのはこの方

HEROZ株式会社
執行役員 Vice President of Engineering
今井 達也様

機械学習、数理最適化など IT 、情報数学に関する多分野の研究や論文執筆に従事。現職では、インフラ、小売、流通、ゲーム等の様々な分野の案件で、案件設計・提案から管理・実装まで幅広い業務に携わった。現在は、開発部エンジニア全体の管理統括を担う。

プロジェクトのゴールは顧客の課題解決。もっと高い視座を持て。

Q.貴社についてご紹介ください。

当社は、主に企業様向けのAI技術のシステム開発や技術研究、将棋ゲームAI技術を用いた自社プロダクト開発・運用を行っています。特に高性能なAI機能の開発に強みがあり、産業向け需要予測AIや人間のトッププレイヤーに匹敵するゲームAIなどを提供した実績があります。

Q.研修にご参加されたきっかけ・研修への期待はどのようなものでしたか?

高い専門性を持つがゆえもあって、社内では自分の仕事や役割を限定して考えてしまっているメンバーもおり、そうした社員に視座を高め、異なる視点を理解してほしいと思い研修に参加しました。 本来、プロジェクトの目的は顧客の課題を解決したり、価値を生み出したりすることです。こうした理解の促進や、社員が受け身思想にならず、「自分たちのプロジェクトが会社の中でどういう位置づけなのか」に目を向けられるようになるような研修を期待していました。

「バックグラウンドの異なる人々を団結させる技術こそがマネジメント」という説明が参考に。

Q.実際の研修会では、社内のどのような方が参加しましたか?

ビジネス職の社員とエンジニア職の社員が半数ずつ参加しました。特に、社員自身が色々なことを考え、悩み始めるミドル層のメンバーで受講させていただきました。参加者からは色々な目的意識や感想を聞きましたが、他の立場に目を向けられた、プロジェクトのゴールに至るまでに何を考えればよいのか気づきが得られた、などといった感想が多かったと思います。

Q.研修に参加して、どのような点が印象に残りましたか?

「バックグラウンドの異なる人々を団結させる技術こそがマネジメントである」と定義され、そこから論理展開されたところが非常に参考になりました。個別の立場の意見やそれに起因する失敗の具体例が多く盛り込まれていたところが良かったと思います。 今回は参加意思をメンバー自身に委ねた結果、自身の学習や意識改革に興味の強いメンバーが集まりました。今後は研修で学んだ内容をそれ以外のメンバーに伝達することを考えていきたいと思います。

研修参加メンバーの声

目標の定義が、自分の理解では「Tobe」にあたるものを目標として認識していたが、そうではなく、目標自体にAsIsからTobeに至るまでのすべてのプロセスが含まれているという点は斬新でした。 同じ問題であっても、エンジニアとビジネス側では視点が全く違うことが分かりました。ビジネス側のWhat、エンジニア側のHowを組み合わせることで、今後改めてよりよい提案に結びつけることができると思いました。

ケーススタディのワークを通して、プロジェクトマネージャーがビジネス寄りなのかエンジニア寄りなのかによって初期の目標設定が変わり、後のプロジェクト推進が大きく異なってくるだろうということを実感できました。 エンジニアとビジネス側が協調する体制であっても、プロジェクトのフェーズによって当事者意識の濃淡があったと思う。研修の気付きを受けて、今後の業務では初期フェーズにも積極的に関わっていきたいと考えます。

共感しあえない人たちを仕事では団結できるように取り計らう技術がマネジメント、という考えが大変参考になりました。 漠然と人を管理する職種としか捉えられておらず、負担を増やさないためにも衝突しない人同士でチームを組めばいいのでは、と考えていました。これまでこの技術の習得に向き合ってこなかったため、今後は機会があれば積極的に取り組んでいこうと思います。

強いリーダーシップとリテラシー向上がAI普及のカギ

Q.今後の社会に向けて、AI普及に必要と考えることはどんなことになりますか?

個人の意見になりますが、大きく分けて2つの方法があると考えています。

 

一つは「強いリーダーシップを持つ組織ないし研究者がビッグデータを集めて誰でも簡単に使えるようなプロダクトを数多く生み出す」こと。もう一つは、「AIや関連技術に関するリテラシーを広め、新しい技術を受け入れることによって自分たちの仕事や生活が改善されるのだという社会全体の意識改革を行う」ことです。どちらか一方が正解というわけではなく、両方必要なことかもしれないと考えています。

 

新技術応用推進基盤様は、似たような立場で課題意識も共通しているため、日本企業やその中の社員のために、非常に重要な活動をされているなと考えています。

お話をまとめると…

内に籠らず、多様性あるチームを率いて、

高い目標に導くリーダーたれ


インタビューご回答企業様

HEROZ株式会社(HEROZ, Inc.)

東京都港区芝5-31-17 PMO田町2F
2009年4月設立
事業内容:AI技術を活用したサービスの企画・開発・運用

一般社団法人 新技術応用推進基盤

東京都 千代田区 九段南 1-5-6 りそな九段ビル
info[アットマークをご挿入ください]newtech-ma.com

お問合せフォーム

技術者向け
プレゼンテーション研修

本研修は、技術者がおさえるべき「ビジネスモデルの描き方」と、
それを「文系中心の企画部門に説明するプレゼンテーションの行い方」をご説明のうえ、
実際のケーススタディを基にプレゼンテーションまで実施いただく、ハンズオンの研修コースです。

本研修の意義

なぜ技術とプレゼンテーションなのか?

技術と市場のコミュニケーションは難しい

技術の研究開発と、それを市場の求める形に事業として展開していくことの間には大きなジャンプがあり、その連携は企業活動にとって常に課題です
技術と市場の接続を難しくしている原因の1つに、そもそも両者の担当者同士のコミュニケーションが難しいことがあげられます
技術側は、研究開発手法そのものや結果としての物性値に注目した議論となりがちであり、市場ニーズからはかけ離れた議論となるうえ、市場側の担当者には理解されない議論です
結果的に、市場側は技術的な新規性をよく理解しないまま事業を組み立て、後々、競争力不足や差別化不足、そもそものニーズ不足に悩んでいきます
ありがちなミス・コミュニケーション

社内説明は面倒だし、研究の本分ではない。
実験結果の数値を張り付けた、先日の学会のプレゼン資料でいいだろう。
理解できないなら、できない方が勉強不足だ

技術担当はそもそも誰に/何のために売る技術について、どんな進歩のことを話しているのか?
数値があがったのはわかるが、それにどんな意味があるのか?
よくわからないが、すごいというのを信じて事業設計するしかない

ビジネスにおけるコミュニケーションはプレゼンと不可分。プレゼンを磨いて技術と事業の壁を越えよう

ビジネスの成功には、こうしたコミュニケーションの壁を乗り越えなければならないことは言うまでもありません。成功してきた企業では必ず、技術もマーケットも理解しているリーダーが頭の中で両者を連携させていました
しかしこうしたリーダー人材は貴重であり、あらゆる研究テーマに対して存在しているわけでもないのが現実です。現場レベルでコミュニケーションを促進するには、現場の研究者/技術者/市場担当が、共通認識のもと議論できる「プレゼンスキル」を磨いていくことが不可欠なのです
技術者の方にとって、感情的には「プレゼンスキルを磨く」というのは、表面だけ取り繕っている気がして、本質から外れた努力のように感じるかもしれません。しかし、上記の通り、プレゼンスキルは表面を取り繕うことではなく、別分野の専門家とコミュニケーションを円滑にし、新たなアイデアを生み出すために必要なことです
特に立場・年齢が上がるほど、「他者に説明し、資金を集め、研究チームを組成して成果を出す」能力は必須になるものととらえるべきと、当団体では考えています

このようなお困りが起きていたら、社内でミス・コミュニケーションが起きている可能性があります

  • 技術者側の悩み

    ■ 画期的な技術であるはずなのに、その凄さが経営者に伝わらない
    ■ よい研究テーマのはずだが、理解されずに予算がつかない
    ■ 国プロなどで開発した技術をオープンにしても、誰にも使われない

  • 経営者側の悩み

    ■ 毎年、かなりの予算を投下しているのによい技術がでてこないと感じる
    ■ 技術開発と事業開発が分断されて、まったく別の案をあげてくる
    ■ 研究所から役員会にあがってくるレポートの内容に薄さを感じる

研修内容

本研修では、「技術の価値を経営者/投資家に適切に伝えるイロハ」を実践的なケースを基に解説し、演習を通して貴社の社員に定着させます。

プレゼンを行う上で前提となる理解の促進(例)
  • 立場別の関心事項の違い
  • 立場別の判断基準の違い、資金が出る/出ないは何で変わるか?
  • 立場が異なる人間は何が聞きたいのか?逆に、何は聞きたくないのか?
表現方法(例)
  • 「サマリー」の効果と意義
  • わかりやすいスライド表現技法
  • 1スライド/1メッセージを実践するコツ
  • 「数値」の表現と説明のコツ
  • 「自分の意思」の盛り込み方/決断の迫り方

本研修は下記のような企業様にお勧めいたします

市場ニーズに沿った技術開発を実践したい企業様
顧客要望を追う受け身な開発から、中長期的な視点で市場創出を狙う開発に転換したい企業様
組織間の壁が厚く、研究開発部門とマーケティング部門がタコつぼ化している企業様
お申し込み・お問い合わせ

研修のお申込み・お問い合わせはこちらからご連絡ください。