技術調査・研究

中長期を見据えた、技術開発戦略の構築

「失われた10年(30年)」を過ごすうち、我が国企業はかつてほど技術優位に立つことはなくなってしまいました。
「技術は強いんだけど、売り方が下手なんだよね」と朴訥な職人気質を気取るのが、かつて日系ものづくり企業の経営者にありがちな態度でしたが、いまやその技術優位も大きくゆらいでいます。

「下手な売り方」によるキャッシュフローの悪化は新規R&D投資を圧迫し、シェアの低下によるガラパゴス化とデファクトからの排除は、我が国企業に深刻な技術力低下をもたらしました。 いまや、電機、半導体、ITなどかつての花形産業でさえその影響を強く受けています。

しかし、故スティーブ・ジョブス氏が語るように、イノベーションこそリーダーとフォロワーの違いを明らかにしてしまいます。いまいちど、日系ものづくり企業がイノベーションを起こすため、技術調査のご支援をいたします。

サービス内容

技術動向調査

貴社事業の関連領域において、最新のユースケースや技術動向について調査します。国内に限らず、海外の最新事例を調査の上、現在の「世界の立ち位置」と「自社の立ち位置」を見える化いたします。

こんなお悩みはございませんか?
・技術の移り変わりが激しく、最新技術の事例がわからない
・最新技術の開発方針がどのように進んでいるかわからない
・海外などである技術がどの程度実現されているのかわからない

マーケットイン戦略の構想、テストマーケティングの実施

中央研究所の開発した技術を商品化するにあたり、どのようなマーケットに受け入れられるのか、そのマーケットで勝者となるには、誰に、何を、どんな順番で販売していくべきか、技術のマーケットイン戦略を構想します。
また、必要に応じてインタビュー・アンケートといったテストマーケティングを代行いたします。

こんなお悩みはございませんか?
・難燃性がXX向上したが、これは何に使えるだろう?
・通信速度がXX向上したが、この技術に誰がいくらお金を払うだろう?
・あと何をすり合わせ開発すれば買っていただけるのだろう?

技術長期開発計画、技術ロードマップの策定支援

論文・特許の公開情報、最新のニュースリリースやM&Aの動向から技術開発のトレンドを把握し、中長期的な技術開発のロードマップを作成します。海外の競合企業についてもスポット調査を行い、世界のマクロトレンドを意識した開発計画の作成を支援します。

こんなお悩みはございませんか?
・ 技術開発はどこからどこに移り、これから何がトレンドになるのか
・ 競合企業のM&Aにはどんな意図があるのだろう?
・ どのタイミングでどんな技術があれば競合に先んじられるか?

イノベーションパートナーの探索

新事業やイノベーションの開発において、自社単独ですべてを賄うことは難しくなりつつあります。自社の望む新事業を定義し、M&A先やイノベーションパートナーの候補となる企業のロングリストを作成します。

こんなお悩みはございませんか?
・ 当社の技術を飛躍させるビジネスパートナーは?
・ 商品化に必要な周辺技術をサポートしてもらえないか
・ グローバル化を実現するための技術/ビジネスパートナーのリストは

各種調査・研究のお問い合わせはこちらから

PAGE TOP