一般社団法人 新技術応用推進基盤では、企業様が技術活用を推進するための様々なサービスをご提供しております

法人研修

新たな技術が登場したときは、常にそれを扱う人材育成が課題になります。
技術×ビジネスをテーマとしたいくつかの法人様向け研修をご用意しております。

人工知能プロジェクトマネージャー研修

  • 近年、急速に利活用の進む人工知能分野において、そのプロジェクトを推進できる人材育成は企業にとって急務となっています。
  • 純粋な「プログラムの記述」であれば、外注することもできますし、Python/Rといったコードを読み書きできる人間も増えておりますが、最も重要な、「エンジニアをマネージし、ビジネス的インパクトを残せる人工知能を企画・設計・製作指示できる人材」は変わらず不足し続けています。
  • また、上記のような人材は外注に頼るのではなく、自社内で育成し、ビジネス的に中核となってもらうべき人材です。
  • 本講座は、そのような最も外注が難しく、各企業様にとって社内育成をはかるべき「人工知能プロジェクトマネージャー」を要請する講座です。
  • 2日間のスケジュールで、座学及びハンズオンでの人工知能を動かす研修を行い、その後、自学自習をへて、最終的に当協会の推進する「人工知能プロジェクトマネージャー資格」に合格することを目指すコースです。
技術者向けプレゼンテーション研修

技術者向け企画・プレゼンテーション研修

  • 近年、技術者でもビジネスの企画に携わる機会が増えています。また、研究予算の獲得のためには非専門家にも投資対効果を説明できねばなりません。
  • しかし多くの技術者が「ビジネスの土地勘」を持たないため、投資担当者の興味・関心を外したプレゼンテーションをしてしまっています。
  • また情熱を持たずに「やっつけで(研究予算がもらえればいいやという気持ちで)」ビジネスモデルを描いてしまい、後日、達成できずに青くなっている方もよくおられます。
    • 最悪のケースでは、「(自分でビジネスモデルを描いて上司に説明したにも関わらず)そんなこと言われても俺は知らない。技術開発はきちんとやったんだからいいだろう」と開き直っている方さえおられます。営利企業の投資として研究をしている以上、こうした態度が許されるはずもありません。
  • 本研修は、技術者がおさえるべき「ビジネスモデルの描き方」と、それを「文系中心の企画部門に説明するプレゼンテーションの行い方」をご説明のうえ、実際のケーススタディを基にプレゼンテーションまで実施いただく、ハンズオンの研修コースです。

技術調査・技術研究

技術調査・研究

新たなテクノロジーが市場に登場したとき、それがどのようなもので、自社のビジネスにとってどんな影響を及ぼすのか調査する必要があります。
当協会では、新技術を中心とした調査・研究サービスをご提供しております。
詳しくはお問い合わせページよりお問い合わせください。

当協会所属の研究員の過去調査経験(例)

  • 予防保全における人工知能の活用可能性調査
  • B2B ECにおけるアナリティクスの活用可能性調査
  • ドローン空撮画像のビジネス活用事例調査
  • 有機系マテリアルズインフォマティクスの先進事例調査
  • 無機系マテリアルズインフォマティクスの先進事例調査
  • 自動運転技術の進展における素材産業への影響
  • ファクトリーオートメーションの影響調査
  • 論文/特許分析による技術活用アイデアの探索
  • その他多数

データ・アナリティクスサービス

データアナリティクスサービス

「人工知能を使ってみたいが、とっかかりがつかめない」「分析したみたいデータがあるので、簡易に分析結果がどうなるのかみてみたい」など、人工知能活用の意欲はあるものの、実際に活用を始める最初の一歩を踏み出せない企業は少なくありません。
そこで、まず簡易に人工知能を構築したらどのようになるのか、「感度」をつかみ、たたき台の改善方針を策定するための技術実験評価(データアナリティクスサービス)をご提供いたします。
ご依頼企業様にご準備頂いたデータを基に、一般的な設定での「人工知能」を構築し、どのような結果を返したのかレポートいたします。
そのうえで、ハイパーパラメータなど今後調整すべきパラメータの示唆をご提示いたします。


大学・教育関係者の方へ

大学・教育関係者の方へ

当法人のサービスは、すべて大学・大学院をはじめとした教育用・授業用に活用する場合、教育機関向け団体割引等を利用することができます。
詳細は当ページをご確認お問い合わせください。

PAGE TOP